テレビ画面を写真に撮るバカってどう思いますか


f:id:mikimiyamiki:20171128112545j:image
 ああちょいと、そこのきみ。

 きみ、写真を撮るのは好きかね。そうか、好きか。どんな写真を?なるほど、心のままに風景を切り取る……よし、わかった。きみは大林宜彦監督の映画を見るべきだ。

 

 普段写真を撮る人なら、大林作品を鑑賞すると、必ずその一場面ごとの美しさに心を奪われてしまうだろう。そして、こう強く思うはずだ。

 「この世界に入り込んで、シャッターを切りたい…!」と。

 

16㎜カメラが記録する私小説「廃市」

  まずはこちら「廃市」。古い歴史を持った小さな運河の町が舞台。

 

  もうね、いきなり美麗、綺麗。いきなり写真とりたい。撮りまくりたい。

 作品が始まって、のっけからそこに描かれる世界の美しさに、あほみたいにテレビ画面の写真を撮っていた。

 表題の「バカ」とは、まぎれもない私のことである。だが一度この映画を見た人なら、観客は「バカ」になってしまうおそれがある。それほどこの作品は柳川の魅力を情緒たっぷりに、これでもかというほど映し出している。……魅力?ちょっと違うな、終わりゆく、ゆるやかに廃れ行く街の儚い輝き、というか。

 私は最近兵庫県立美術館小磯良平の絵画を見たのだが、その構図や光の加減がどこかこの映画に似ていると思った。流れる川の音、水の煌めき、夏の空気を感じてほしい一作。

  ただ、あえて言わせてもらうと、ストーリーは個人的にあんまり面白くなかったかな。面白くないのに、こんなブログ書いてわざわざ誉めたくなるぐらい映像が美しいってことです、はい。

 1983年、大林のスタッフ全員が偶然二週間の夏休みが取れ、その期間を使い小さな16mmカメラ柳川に持ち込み、スタッフも小規模の編成で、 大林念願の福永作品を撮影した[1]。設定は架空の街であるが、撮影は福岡県柳川市で全編オールロケされている[2]。原作の持つ私小説的な雰囲気を出すために16mmカメラで撮影した。

廃市 - Wikipedia

 

 制作経緯も、素敵だなあ、と思う。

 

 続いてご紹介したいのは、こちら

これぞ “本物” のアイドル映画「HOUSE」

HOUSE ハウス[東宝DVD名作セレクション]

HOUSE ハウス[東宝DVD名作セレクション]

 

  こちら「HOUSE」は、廃市とは打って変わったホラーコメディ。小磯良平感はゼロ。しかし、この作品もまた、アート。絵になるのだ。


f:id:mikimiyamiki:20171128085022j:image

まず女優陣が美しい。白髪の南田洋子。怪しげな洋館の主。

 

f:id:mikimiyamiki:20171128085036j:image

ヒロインは池上季実子。か、かわいい。めちゃくちゃかわいい。

 
f:id:mikimiyamiki:20171201132520j:image

そうそう、妖艶で可憐な鰐淵晴子さんも忘れてはならない。こちらのシーンは蜷川実花のフォトグラフのような極彩色のあでやかさである。 


f:id:mikimiyamiki:20171128085047j:image

 そして、なんといってもHouseで最もキュートなのはこの人神保美喜

 カンフーの使い手という謎設定により、常にホットパンツ姿で、ややムチッとしたおみ足を挙げながら、事あるごとに回し蹴りをかましまくる。

 健康的な色気をふりまく愛すべきキャラクターで第二の主役といっても過言ではないのだが、ラストのこのシーンで、首がちょん切れて飛んでゆく。←は?

 なんという滅茶苦茶な展開、そしてこの背景の顔びっしりイラスト、唐突に何?!なんなん、こわい。怖いけど何故かお洒落なのだ。

 その他ピアノの蓋に挟まれた指が切断されたり、どこからか噴き出した血の海に流されたり、枚挙に暇がないほどグロいといえばそうなのだが、常にどこか笑えてしまう不思議な演出と、ポップでキュートな女の子たち。そうそう、大場久美子さんも出てた、もちろん可愛い。

 

 いずれの女優さんも2017年現在、尚も美しさを湛え続ける美熟女女優である。私がこれぞ本物のアイドル映画だ、と評した理由はそこなのだ。

 何を持って本物とするか、それは30数年のちの変わらぬ美しさである。

 非常に直接的な言い方をすれば「お直しをしていないこと」、もっとはっきり言うと整形してないこと。今のアイドルみたいに黒目カラコンもアイプチもプロテーゼもない、ガチの美少女素材勝負、これが一番この映画で際立っているところかもしれない。

 

追記:この古い汚いカメラ、誰かいりませんか
f:id:mikimiyamiki:20171201144835j:image
f:id:mikimiyamiki:20171201144852j:image