郡山の本屋

少し前に、奈良県大和郡山市の本屋さんへ行ってきた
f:id:mikimiyamiki:20170607195829j:image

JR環状線鶴橋駅から、近鉄鶴橋駅への乗り換えは、ちょっとややこしから、覚えといてや。この改札要注意やで。看板見てみ、かさねてのところ、赤文字やで。


f:id:mikimiyamiki:20170607200118j:image

電車から鶴橋駅ホームに降りたった瞬間には、焼き肉の芳香が鼻腔をつんざき身体中を纏う。鶴橋は、そういう場所である。

あと改札出てすぐBOOK・OFFに繋がってる出口があるから気を付けろ。別に気を付けなくても良いが。


f:id:mikimiyamiki:20170607200534j:image

近鉄大阪線じゃなくて、今回は奈良線の方に乗りまして。


f:id:mikimiyamiki:20170607200837j:image

着きました、郡山駅

 

あ、その前に一回西大寺で乗り換えしてるんやけど。


f:id:mikimiyamiki:20170701114107j:image

西大寺駅ナカ充実してるから、営業マンにオススメ。降車履歴残さずサボれるから。

郡山に来たのは、この本屋さんへ来たかったから。


f:id:mikimiyamiki:20170607202021j:image

郡山の本屋「とほん」さん。

http://www.to-hon.com/
f:id:mikimiyamiki:20170607202151j:image


f:id:mikimiyamiki:20170607202434j:image

手前の鉱物の本、欲しかったな。予算的に諦めました。


f:id:mikimiyamiki:20170607202600j:image

広すぎないちょうど良い、落ち着くスペースに、置いている本のセンスが好き。太田明日香さんの「愛と家事」は、この店のブログで知った。この日は、この2冊を購入。
f:id:mikimiyamiki:20170607203110j:image 

あと、ここで買える雑貨も本当に素敵。奈良にちなんだデザインが多数。

この日は、「栞展」が開催されていた。

そこで買ったのがこの栞である。
f:id:mikimiyamiki:20170607203007j:image

拘束すぴん。

スピンは、栞の意味とかけられている。何よりこのデザイン。なんて艶やかなのだろう。
f:id:mikimiyamiki:20170607203259j:image

ほら、こんな。うん、良い。

 

この栞を制作された作家、八寿温泉さん、最近はこんな手拭いをデザインされました。
f:id:mikimiyamiki:20170607203524j:image

子供は見ちゃだめな感じ。
f:id:mikimiyamiki:20170607203611j:image

艶やかで素敵。写真は、八寿温泉さんから拝借させて頂きました。

http://nara-furukoto.shop-pro.jp/?pid=119731637

こちらでも購入できます。

 

私は奈良県が好きだ。五条の山々には今も楳図先生が幼少の頃見た妖怪が住み、市街地には日本で最初の都がおかれていた風格が残る。普通の住宅地でさえ、歴史を感じさせる建物の数々、コンビニより多い古墳群、それだけの観光資源がありながら全く商売気のない県民。全体的に漂うやる気なさ。

 

京都は日本一の観光地である、間違いなく。

あの「ビジネスはんなり」「ビジネスどすえ」「ビジネス京女」など同じ関西人から見ても、よーやるわ、と感嘆すら覚えるビジネスの才。安物の化繊和柄小物を高値で余所者に売り付け、とにかく皆の持つ京都のイメージを壊さないように、そのイメージに近付けて新たにブームを作る。京都の人は、他所からきた人に対して「京都の人」を演じるのが抜群に上手いのだ。

あの独特な感覚を持っていない不器用な奈良が、愛しくて仕方ない。

 
f:id:mikimiyamiki:20170701113727j:image

金魚のまち、大和郡山
f:id:mikimiyamiki:20170701114001j:image


f:id:mikimiyamiki:20170701114024j:image

また来よう。