有名人気取りでイイ気になっているバカブロガーに死を……ってテレビで言ってたよ

 ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜というドラマの録画を先ほど見た。

 年末のダウンタウンガキの使い笑ってはいけない探偵で、堀北真希ちゃんが役柄で登場していたあの作品である。

 あの、笑ってはいけない探偵のときにチラっとそのコンセプトとあらすじを見ただけでも「うっわ、おもんなさそ。絶対面白んないわ、これ」と誰もが思ったであろうあのドラマ。 

 その第3話を録画していたので初めて見た。そんなにおもんなさそうなものを、何故わざわざ見るのか。答えは簡単、わたくし暇だから。

 あとはまあ、こういう本気で見る気のないドラマは家事をするときにダラダラ流しておくにはピッタリなので。

 

 そして、掃除をしながら適当に見始めたドラマを、1時間見終わる頃には私は号泣してしまっていた。

 そう、なかなか良かったのである、少なくともこの第3話に関しては。

 しかし、プロットがかなり良いと感心すると同時に、この設定はいらんなあ〜と残念に思う部分もかなりあった。以下に詳しく記したい。

 

 まず、第3話のあらすじ。冒頭、頭から血を流した安藤玉恵がフラフラと街を歩くシーンから始まる。そこから場面は一転し、カリスマブロガー主婦紺野まひるのサイン会会場。そこに響く悲鳴。何者かが、血文字のような脅迫文をサイン本に仕込んでいたのだ。そこにはこう書かれていた。

 

『有名人気取りでイイ気になっているバカ女に死を』

 

 その後、同じ内容の脅迫文が、複数のブログに書き込まれている事が判明。ブロガーは全員セレブ妻達であった、そう、1人を除いては。

 そしてその主婦ブロガーは、何者かに殺害されていた。こうして、カリスマブロガー主婦を狙った殺人事件の捜査が始まる。

 この間、色々なトラップも有り、脅迫文を送りつけた男が逮捕されるのだが、その男は殺人の真犯人ではない。

 最もこの話の肝になるのが、殺された人気セレブ妻ブロガーは、実はワープアの一人暮らし派遣社員の地味な女性だったという事実。

 ブログには、子供との幸せそうな生活を綴り、キャラ弁当などをアップしていた彼女。しかしその生活は全て虚構だったのだ。

  その事実を面白おかしく書くゴシップ記者。その記事が元で、被害者のブログは「嘘乙www」「ボロいアパートに住んでるくせに」など罵詈雑言が並び、炎上することになる。

  で、まあ色々あって、ネタばらしをすると、真犯人は紺野まひるだったわけ。過失だったんだけどね。

 有名カリスマ主婦ブロガーの紺野は、夜遅くまで、毎日テレビの仕事にひっぱりだこで、家でほとんど食事を作っていなかった。息子はお腹をすかせて公園でいつも遊んでいた。そこに、偶然出会って仲良くなる安藤玉恵と息子ちゃん。

 そして、ある時から安藤玉恵紺野まひるの息子ちゃんに、キャラ弁を作って公園に持って行ってあげるようになる(そのキャラ弁をブログにアップしていた)。ママの誕生日までに、自転車を一人で乗れるようになりたいという息子ちゃんと、秘密の自転車特訓をする彼女。そのとき二人とも体に痣や傷を作る事が有るのだが、これがまた架空のDV男がいるのかも、とか子供が虐待されてる?などの色々推理を撹乱させる要素になっていて面白い。 

 あるとき、自分の息子が見知らぬ女のキャラ弁を嬉しそうに公園で食べるのを見つけてしまう紺野。

 で、激高→つきとばす→安藤こける、頭ぶつける、みたいな。でもそこで、すぐに死ななかったのよ彼女。なんとか、流血しながら自力で家路につき(これが冒頭のシーンの真相)、自宅で息絶えた。紺野と、その息子に嫌疑がかからぬように。

   流産を経験し、結婚が破談になり貧しい生活を送る安藤にとって、紺野の息子と公園ですごすひとときは、本当に幸せだったのだ。小さな子供が、母の犯した罪に苦悩しながらも、彼なりに母への愛情を示すシーンも、涙無しでは見れなかった。

 

 ネット上ではキラキラ輝いてみえる、二人のカリスマ主婦ブロガーの、心の闇。

この第3話の筋書きだけでドラマやったほうが、絶対、ぜったい、ぜーったい、面白いと思うんだけど、どうですか??あと湊かなえさんの小説でも読んでみたい題材。

 さらに『有名人気取りでイイ気になっているバカ女(ブロガー)に死を』なんて、ブログやってる人には、すげー心惹かれるフレーズなんじゃないですか?そうでもないですか、そうですか。

 でも、ブログやSNSがほとんどの人たちの日常に身近になった昨今、人気ブロガーが殺され、その犯人も人気ブロガーで、実は華やかなブログの裏に心の闇があって……って、このテーマで殺人事件とか、興味を持つ人かなり多いと思った。

 

 じゃあ、このドラマ何があかんのか。いらんかったのか。

それはね……大変申し上げにくいんだけど、主役の堀北真希ちゃんをはじめとする、レギュラーの方々、ですかね、うん。

 

 上記のように、ブロガー殺人事件とか、設定がすごく面白くて(1話完結なのでこの回だけだが)トラップもあって、見入ってしまう脚本だった。

 

 ただね、謎解きしてる刑事がね。いや真希ちゃん本当に可愛いし、壇れいさんも美しくてほんとうに超お気に入りな女優さん達なんだけどね。

 いかんせん、推理シーンで急になんやCG始まって、なんや主人公が目えつぶってトランス状態入って、みたいなこの特殊能力の設定、こういう既視感ありありの展開……いります?

 ほんで、キメッキメでこう言うんですわ真希ちゃんが。

 

「シンクロしました」

 

 えー、これ要るー?

物語の根幹に関わるの分かってるけど、これ要るー?(^^;

 

 もっと言うと、DAIGOも出てるんだけど、彼も要るー?DAIGO語を封印してクールぶった役柄なんだけど、いまいち封印しきれてないんよ。なんか、今にもウぃッシュ!って言い出しそうな、口の端がムズムズそう言いたそうな。

 

 「おさむちゃんですっ!!」を封印されて発作が出そうになってぷるぷる震えるぼんちおさむ師匠を見てるみたいな、そんな息苦しさを感じて、ダイゴが出てくると急にドラマへの集中力が途切れるのは私だけなのか。

 

「シンクロしました」で、一番良かったのはやはり年末のガキ使で、笑いをこらえてシンクロしながら浜ちゃんに「ゴリラゴリラゴリラ」と言ったあのシーンじゃないだろうか。あれが一番の真希ちゃんのシンクロだったんじゃないだろうか、そう思えてならない。

 でも私、来週も絶対見ると思う。暇だから。