林芙美子

女文士に、おれは、なる!!! (ドン)

少し前、新歌舞伎座にて林芙美子放浪記を見て来た。演劇内でも朗読され、小説放浪記の中でも有名な詩の一部を書き写す。 男は下宿だし私がいれば宿料がかさむし 私は豚のように臭みをかぎながら カフエーからカフエーを歩きまはつた。 愛情とか肉親とか世間…